進む高齢化

私設年金がお勧めです

あなたは老後の生活について考えていますか。将来の日本は、ますます高齢化が進み、平均寿命も更に延びていくと予想されています。 定年退職が60歳から65歳に延長されつつありますが、一方で年金の受給開始年齢も65歳から70歳に延長されると予想されます。しかも、公的年金だけでは、老後必要な生活費が平均的に毎月4万円程度不足するとも言われています。定年退職後から公的年金を受給するまでの間と公的年金を受給してからの必要な生活費との差額の合計は5000万円以上になると予想されます。一般的な人々がそれほどの大金を貯金と退職金だけで用意することはかなり困難です。だからこそ私設年金が必要性が重要となってきます。私設年金をできるだけ早くから考えておかなければならないのです。

あなたにお勧めの形とは

私設年金を準備するにあたって考えなければならないことが、物価の上昇です。過去には長い間デフレの時代がありましたが、それは長い歴史を見てもまれなことであり、普通に考えると物価が上昇していくと思われます。今のような低金利の時代において物価に連動していく私的年金向きのものとは何でしょうか。投資信託や株などいろいろ考えられますが、お勧めはマンションなどの不動産経営です。不動産は、過去を振り返っても一般的に物価の上昇に連動しています。しかも、物件の老朽化により価値が下がりますが、売却すれば必ず売却益も発生します。不動産で私設年金を用意することで、かなり資産の目減りを緩やかにすることが可能です。あなたも不動産経営で私設年金を作ることを是非検討してみてください。