Finance
このエントリーをはてなブックマークに追加

収益物件を利用して

不動産投資は、成功すると安定した収入を得られます。副収入という方法でも行えるので、OLやサラリーマンでも行っている人が増えています。興味を持ったという人も多いのでセミナーも開かれるようになっています。

read more

進む高齢化

日本は現在、高齢化がどんどん進んでいます。高齢者が増えていることから、定年退職の年齡も伸び、年金の受給年齡も年齡を引き上げるか検討されています。その為、対策として私設年金を行っている人もいます。

read more

目的を明確にして

初めての方でも安心して始められる不動産投資を京都でするなら多数の会社を比較して見るのが良いですよ。

どの様なリターンを求めるかで戦略も異なる

海外不動産投資を行うに当っては、どの様なリターンを求めるかによって違ってくる。 海外不動産投資によって得られる収益は、賃料等のインカムゲインと、不動産そのものの値上がり益を狙うキャピタルゲインと大きく二つある。もちろん、両方狙える場合いもある。 毎月安定的な収入を得るのが目的であるなら、経済の安定した国の商業施設やオフィスビル等の海外不動産投資を選択する事が賢明である。 値上がり益重視の海外不動産投資を求めるのであれば、これからの人口増加が見込まれ、更に経済発展が有望な国の物件を選択するのが賢明である。 前者で有望なのは、やはり米国であろう。米国の不動産は、中古不動産でも値上がりする場合が多く、これからの経済回復で賃料収入も期待できる。 後者に該当するのは、インドだと思う。

その国の情勢に合わせた投資戦略

日本の場合い、建物の不動産の価格は年とともに下落していくものであるが、米国では、住宅をはじめ、中古であってもその利用価値が認められれば、値上がりするので、賃料と値上がりによる含み益が期待できるのが特徴である。又、ドルで運用することになるので、円安傾向が続くなら為替益も期待できる。 海外不動産投資のもう一つの魅力は、為替変動のリスク分散としても活用できる。日本以外にもバランスよく不動産を持つことで、為替変動リスクを緩和出来るからである。 インドは、人口も多く、情報産業の優秀な技術者を海外に多く派遣している様に、人材の質も期待がもたれている。これから、中国に続いてインフラ整備が改善されていくと共に経済発展が見込まれるので、有望な投資先である。

行なう人が増えている

不動産投資の中で、マンションを対象とした投資マンションを行なう人が増加傾向にあります。セミナーなども行われるようになり、若い世代の人も参加して安定した収入を目指しています。

read more